美容

プログラミングに年齢は関係ない!30代でもプログラマーになれる!

どうも!侍エンジニア塾ブログ編集部のリョウです!

突然ですが、

「プログラマー35歳定年説」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

プログラミングを使ってカタカタとコーディングをする職種をプログラマーと言います。

そのプログラマーは一般的に35歳でピークを迎えると言われています。

俗に言う引退時期が35歳というわけですね!

初めて聞いた方は、めっちゃ短いと思ったでしょう。

ですが、これは様々な説があり、プログラミングスクールである侍エンジニア塾が出した結論はNoです。

そこで今回は、プログラミングに年齢制限はあるのか?というテーマで、なぜ結論がNoなのかを解説していきます。

プログラミングに年齢制限はあるのか

プログラマーを目指していると必ずといっていいほど耳にする「プログラマーは35歳で定年」という説。

実際、昔は35歳を超えると転職が難しくなると言われていました。

しかし、現在は状況が全く変わっています。

日本は深刻なIT不足に陥っており、「30代で開発経験のあるエンジニア」は需要の高い存在に代わりました。

DODAの調査によると、2018年上半期のIT業界転職成功者の平均年齢は32.5歳です。

ここから、わずか3年で定年に追い込まれることなんてありえないですよね。

また、DODAが転職成功者に聞いた「転職に年齢は関係あるのか」という質問に対しても、IT業界転職成功者は58%がNoと答えています。

このことからも「プログラマー35歳定年説」は気にしなくていいということが分かりますね。

ちなみに、侍エンジニア塾の卒業生にも33歳からプログラミングを始め、フリーランスプログラマーとして活躍されている市川さんという方がいらっしゃいます。

若いうちに学習した方がいい誤解

プログラミングが流行ってきた頃から、若いうちにプログラミングを覚えておいた方がいいというような話をよく耳にします。

その理由に、

「若い時の方が記憶力や想像力があるから効率良く学習できるから」

こんなことが言われたりします。

ですが、実際には記憶力が年齢とともに落ちていくという事実はなく、先入観による思い込みなのだそうです。

想像力も同じようにいえます。

何が言いたいかというと、その記憶力や想像力は年齢と全く関係がなく、言い訳でしかないということです。

もしあなたが年齢でプログラミング学習を諦めようとしているなら、もったいないですよ!

仕事獲得に年齢が関係ない見解もある

一般的に仕事は30歳になったら仕事獲得しづらくなってくると言われています。

「しづらくなってくる」というところがキモです。

そうです。全員ではないのです。

「それでも割合は少ないんでしょ?」

そう思う方もいるかもしれませんね。

仕事獲得ができる人、できない人には大きな溝があり、それはシンプルにスキルがあるかどうかなんです。

気づいた方もいるかもしれませんが、スキルがあることと年齢はあまり関係ありません。

それがゆえに、プログラミングスキルというこれから需要が右肩上がりのスキルを身につけることで仕事獲得に困らない自分を作り上げることができるという見解もかなり多いんです。

30代からプログラマーになるためには?

まずは目的を明確にしよう

プログラミング学習には明確な目的が必要です。

目的がないとモチベーションを保てずに挫折する可能性があります。

まずは、なぜプログラミングを学ぼうと思ったのか考えてみましょう。

自分のペースで学ぶなら無料学習サイト

自分のペースでプログラミングを習得したい。という方には「無料学習サイト」がおすすめです。

最近では、無料学習サイトの質が高くなっており、サイトだけでの学習でも十分にプログラミングの基礎を学ぶことができます。

最近は、学習サイトの質も高いので、何からはじめていいのか分からないという方は、無料学習サイトも利用してみましょう。

短期間で学ぶならプログラミングスクール

短期間で確実にプログラミングを習得したい方には「プログラミングスクール」がおすすめです。

プログラミングスクールであれば、独学でもっとも時間がかかる「エラー処理」を講師が教えてくれます。

また、効率的なカリキュラムが用意されており、現役エンジニアの講師が教えてくれるため、より実践的な技術を身につけることができます。

より具体的な方法を聞きたい方は弊社の無料相談をご活用ください。

まずは無料相談の体験記事から

プログラミングに年齢は関係無い話

突然ですが、若宮正子さんをご存知でしょうか?

若宮正子さんは82歳の現役エンジニアであり、「hinadan」というアプリ開発を行いました。

若宮さんは元々プログラミングができたかというと、そうではなく
プログラミングを学習し始めたのは81歳になってからなんです。

81歳からiPhone向けアプリの開発言語である、「Swift」を学習しアプリを開発しました。

プログラミングを始めるのに遅すぎるということはありません。

大切なのはプログラミングを使って何をしたいかが重要なんです。

先ほども紹介したように、
これからプログラミングを始める方は学習する目的を明確に決めて取り組むことで、年齢の壁と言われているようなことは関係無くなります!

まとめ

この記事で言いたいことは、

「プログラミングに年齢は関係ない!」

ということです。

誰もが学べば身につくスキルがプログラミングだと本気でそう思います。

本気で仕事獲得できるスキルを身につけたい方は弊社の無料体験レッスンで人生コンサルを受けてみてください。

必ず世界が変わります。
無料で学習相談をしてみる

運営者情報