美容

未経験でもフリーランスエンジニアとして案件獲得できる超リアル戦略

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

近年、「フリーランス」という生き方を選択する人が増えています。

ただ一方で「フリーランスなんて才能とスキルを持っている、ごく一部の人間がなれるものだ」と思っている方も多いのではないでしょうか。

特に、現在会社員でお勤めの方はフリーランスで仕事することに高い壁を感じている方も少なくありませんよね。

しかし、「エンジニア」という職業であれば、未経験からでもフリーランスになることが可能なんです。

現代は深刻なエンジニア不足に悩まされています。

そう、プログラミングスキルを身につけて独立するチャンスが今なんです。

そこで今回は、未経験こそ確実にフリーランスエンジニアとして仕事を獲得して独立できる方法をご紹介します。

【この記事で得られること】

  • フリーランスエンジニアになる目的の決定
  • プログラミングで実現する目標の設定
  • フリーランスになるのに必要な学習を効率的にするための方法
  • 仕事獲得に必要な方法

以上のことが学べます。期待して読み進めてください。

フリーランスエンジニアは本当に稼げる?

まずはじめに、「そもそもフリーランスエンジニアは稼げるのか」という疑問にお答えしたいと思います。

可能性を感じることができなければ、目指す理由もなくなりますよね。

結論、エンジニアは稼げます。頑張ればとんでもなく稼げます。

未経験こそフリーランスエンジニアになるべき理由

未経験のみなさんに朗報です。

もし、あなたがプログラミング未経験で会社勤めでもフリーランス転向を考えているのなら、そのままフリーランスエンジニアを目指せば案件獲得は十分に狙えます。
3ヶ月でフリーランスエンジニアになりたい方はこちら

それには理由があります。

学習時間が決まった時間になる

会社員の方は週5勤務の朝◯時〜夜◯時という働き方の方が多いと思います。

平均して9時間〜10時間勤務が多いのではないでしょうか。

それだけ聞くと会社員は不利に感じるかもしれません。

しかし考えてみてください。

自由な時間をたくさん与えられれば、勉強をすべての時間に費やすでしょうか。

また、集中して学習にのぞめるでしょうか。

答えはNOです。

実際にはそんなストイックに勉強に励める人はほんの一握りなんです。

効率的に学習できる

では効率的に学習するにはどんな工夫をしたらいいのか。

それは、時間を決めてその時間内で決めた単元を終わらせるということです。

もうお気づきかもしれませんが、会社員の方は学習時間が自然と決まってしまいます。

帰宅後の3時間と週末ですね。

会社勤めの場合、この決められた時間でどれだけ成果を出すかということに集中できるんです。

こう考えれば会社員の方が むしろ都合がいいんです。

タイムマネジメント力の向上

こうして学習することになれるとタイムマネジメントがうまくなってきます。

これはフリーランス転向をする際に、効率的に面談と学習を両立することができ、結果的に案件獲得できるシナリオになることが多いです。

だからこそ、むしろ時間的に余裕がない場合の方がフリーランスエンジニアに向いているとあえて断言します。

フリーランスエンジニアになる目的を決める

Untitled design (64)

なぜ、今すぐにプログラミング学習に入らず、「目的」を決めようとしているのでしょうか。

その答えは、プログラミング学習の挫折率の高さにあります。

「挫折」の最大の原因は「モチベーション」が続かないことに他なりません。

実際に、プログラミング習得で大きな成果をあげる人の多くは「目的」をしっかりと決め、それに向かってプログラミングを習得しようとしている人がほとんどでした。

>> キャリアコンサルタントに目的・目標設定をオンラインレッスンしてもらう(無料)

それだけ目的を設定することが重要だということをご理解いただけましたか?

「そうは言っても、目的なんかない」そう考えてしまうかもしれませんね。

そう言わないで考えてみてください。

プログラミング学習の目的は人それぞれ、十人十色です。

  • 仕事の幅を広げたい
  • 収入を上げたい
  • 安定した仕事に就きたい
  • 頭の中にあるアイデアを形にしたい
  • 自分でビジネスを立ち上げたい
  • 自由な暮らしを実現したい
  • 好きな時に好きな場所で仕事がしたい

様々あると思います。

これが全てプログラミングスキルで実現することを想像するとワクワクしてきませんか?

そう、これが「目的」を設定するメリットです。

ぜひ「目的」を設定し、ワクワクしながらプログラミング学習に取り組んでいきましょう!

>> フリーランスエンジニアになる戦略をオンラインレッスンしてもらう(無料)

プログラミングで実現できる目標を設定する

Untitled design (65)

さて、先ほど「目的」を決めましょう!というお話をしました。

今回は「目標設定」について解説していきます。

正直、「目的と目標は一緒だろ」

そんな風に思う方もいるかもしれません。

ここでいう「目標」とはどういうものなのでしょうか?

ここでいう目標とは「目的をより具体化させたもの」です。

プログラミング学習の動機をしっかりと固め、挫折率を下げるために重要な要因の一つです。

その効果的な目標設定をするコツとしてSMARTの法則(以下の5つの項目)を活用する方法があります。

  • Sppecific → 具体性・分かりやすさ
  • Measurable → 計測可能・数値化できる
  • Agreed Upon → 同意できる・望む結果である
  • Realistic → 現実性・達成のイメージが湧く
  • Timely → 期限が明確

この5つの項目を満たす目標であれば、効率的に学習するための適度な壁となるので、挫折率を大幅に下げることができます。

>> SMARTの本当の使い方をキャリアコンサルタントにオンラインレッスン(無料)してもらう

最適なプログラミング言語を決めよう

プログラミング言語の決定は甘く見ている人がいますが、意外に重要です。

というのも、学習したけど「〇〇ができずに困った」ということが後から出てくるからです。

これは仕事獲得にもかなり影響してきます。

というのも、仕事獲得する際には「どんなスキルがあるか」という部分が最重要だからです。

例としてあげると、、

「Web制作をしたいのに、振り返ればWebに最適な言語は他にたくさんあった。」といった事態になりかねないわけなんですね!こわいですよね・・・。

というわけで最適な言語を決めることはとっても大事なので、作りたいものを決め最適な言語を決めましょう。

プログラミングの基礎学習をしよう

shutterstock_282766454

フリーランスエンジニアを目指すなら当たり前のことですが、プログラミングの基礎力は必須です。

通常のプログラミング学習方法は、基礎に時間をかけます。
その理由は、「プログラミングをしっかり書けるようになる」というのが、ゴール(目的)だからです。

一見すると「プログラミングをかけるようになる」のと、「フリーランスエンジニアになる」ということは同じであるように思えますよね。

しかし、実際のところは違います。

プログラミングはあくまで、価値を生み出したり、システム開発をしたり、自由になるための手段でしかないのです。

そういった点から、弊塾の勧める基礎学習法は、正当法ではないかもしれません。

プログラミングは暗記をするものではありません。

実際に開発できるようになることが非常に重要なんです。

もしあなたが「フリーランスエンジニアになりたい!」とお考えであれば、通常の学習方法では効率が悪く、なかなか進むことができないでしょう。

弊塾では、プログラミングの基礎構築は約150時間程度で終了させ、オリジナルサービス開発を行います。

>> 最短で高単価フリーランスエンジニアになるノウハウをオンラインレッスン(無料)してもらう

オリジナルサービスを作ろう

shutterstock_386475415 (1)

「基礎の後にもうサービス開発?!」と驚かれるかと思います。

しかし、繰り返しになってしまいますが、あくまで目的は「フリーランスエンジニアになること」です。

フリーランスとして仕事を獲得していく上で必要になるのが大きく分けて2つあります。

それは「実務経験」と、その会社が求める「プログラミングスキル」です。

前提として「0から…」なので実務経験はないですよね。

ではプログラミングスキルは?というと、「独学で勉強しました!」といくら口でいったところで実際のところ、企業の人事の方はそのレベルがいかほどのものなのかわかりません。

そのため、WEB上で閲覧できるあなた作のオリジナルサービスが必要になります。

初心者でもオリジナルサービスを作れる理由

「基礎力があるだけで、オリジナルサービスなんて作れっこないでしょ?!」そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

恐らくオリジナルサービスのハードルをもの凄く高く設定されているのではないでしょうか?

シンプルな機能のサービスであれば意外と簡単に初学者でも作れてしまいます。

その証拠に、実際に作った弊社の生徒さんの作品をみていきましょう!

塾生さんの例

スクリーンショット-2015-11-01-17.12.08-1024x608

vegeres

こちらの「Vegeres(ベジレス)」というWEBサービスは、『ベジタリアン・ビーガンの方も、そうではない方も一緒に楽しく食事ができるレストランを探そう!』というコンセプトで、ベジタリアンの方でも食事できるレストランをGoogleMapで一括表示するサービスです。

開発者は侍エンジニア塾生の佐藤さんです。
旦那さんがベジタリアンで、レストラン選びに苦労していたそうで、Vegeresを使うことによりスムーズに食事ができデートがより楽しくなったそうです。

サービスというとやはりFacebookやTwitter、Amazonのような大規模なモノを思い浮かべてしまうでしょう。
しかし、機能を3〜5個程度に抑えた構成のシンプルなサービスであれば比較的簡単に作成することができます。

Vegeresのように、自分自身が「こうゆうサービスがあったら便利だな」と思うことをコンセプトに作成すると、楽しめながら作業できるので尚いいですね。

仕事獲得・独立をしよう

shutterstock_276663995

エンジニア不足の現代なら、あなたを求めている企業は必ずあります。

狙うべき企業に適切なアプローチで望めば、確実に仕事を獲得することができます。

もちろん、企業側からみれば優秀なエンジニアが欲しいところではありますが、そういった人材は非常に高単価です。

ある程度のプログラムを書ける人であれば、優秀なエンジニアを取るよりも人月単価を抑えられるというメリットがあるので十分に仕事を獲得することができます。

しかし、とりあえず「仕事獲得する」のはゴールではありません。
あなたの「理想通りの仕事」を獲得し、理想の生き方に近づけるような仕事獲得をしなければフリーランスエンジニアを目指す意味がありません

>> 最速でフリーランスエンジニアになる戦略をオンラインレッスン(無料)してもらう

目標や理想を高く持つからこそ、それを達成した時のワクワクのために頑張れるものです。

仕事獲得に年齢は関係あるの?

正直にいえば就職・転職の場合であれば、関係あります。なぜなら、教育コストや残りの勤続可能年数も考慮に入れて採用を決めるわけだからです。

ところがフリーランスの場合は完全実力主義で開発に必要なスキル(キャッチアップのスキルも含む)があると判断できれば正直年齢は関係なく採用がきまってしまいます。

というわけなので、年齢は関係ないという答えが正しいということになりますね!

プログラミングスキルを示す方法

さて、年齢は関係ないとして、「スキルがあるぞ!」と証明する必要がありますよね。

それは未経験なら、なおさらお役に立てます!とアピールする必要があります。

そこで必要になるのが「制作物の提出」です。

先ほどオリジナルサービスをご紹介した章でもお伝えしましたが、難しく考えずに「あったら便利だな」と思うサービスを作ることから初めてみるといいでしょう。

機能が3つから5つのシンプルなサービスだとしても、それを作りきることができるスキルの証明になります。

なぜこのようなシンプルなサービスでも案件獲得につながるのかというと、仕事のほとんどは機能を追加したり、保守運用がほとんどだからです。

つまり、0から1を作り出すのではなく、すでにあるサービスに1を足していく仕事が大半だということです。そのため、機能追加という仕事を請け負うのに問題ないと判断されれば案件獲得は十分可能と言えるということです。

どうですか?未経験だとしてもやってみる価値はありますよね!

仕事(案件)はこのWebサイトで調べよう

あなたが選んだ言語でどんな案件があるかを調べる作業はむしろ言語選びの前の段階から必要だということは、「最適なプログラミング言語を決めよう」の章でお伝えしました。

まずは自分が学習した言語について以下のサイトでどんな案件があるか調べてみましょう!

この3つを押さえておけば十分でしょう。

しっかりチェックするのであれば、以下のようにチェックするといいですね!

  1. ポテパンで初心者向け案件をチェック
  2. クラウドワークスで軽めのできそうな案件はないかチェック
  3. レバテックで将来どのレベルまでもらえるのかチェック

とこのように先を見据えながらチェックできるとなおいいですね!

フリーランスエンジニアはエージェント選びが大切

先ほど紹介したWebサイトの中に実はエージェントが含まれていたのですが、気づきましたでしょうか?

そう「レバテックフリーランス」と「ポテパンフリーランス」です!

こちらはフリーランスエンジニアとして働く際にとっても強い味方となってくれる力強いエージェントたちです。

さらにもう一つおすすめのエージェントがあります。それが、「ギークスジョブ」です。

ギークスジョブの最大の特徴は福利厚生です。フリーランスとして働くと福利厚生の面で不安材料がとうしても残ってしまいますよね。そこを解消すべく、ギークスジョブでは「フリノベ」という福利厚生サービスを行っています。

「フリノベ」は、人間ドックや健康診断などもろもろフリーランスに必要な福利厚生が受けられるというものです。案件獲得だけでなく、獲得した先のことも考えて「フリノベ」を利用してみたらいかがでしょうか?

在宅でできるか確認・交渉しよう

フリーランスとなってまず頭にイメージするのが「在宅」ですよね。

これは誰もが一度は思うことかと思いますが、フリーランスエンジニアだからといって在宅で仕事をしている人は必ずしも多くはありません。

フリーランスエンジニアであっても通いで仕事をしている方もたくさんいらっしゃいます。もし在宅で仕事をしたいと考えている場合には、エージェントに登録し、その旨を伝えることがまずは重要です。

通いの案件に比べて、在宅での案件は多いわけではありませんので、

  • 在宅で仕事をしても仕事に支障はないか?
  • コミュニケーションに気を使い、密に連絡を取ることができるか?
  • 丁寧な対応を忘れずに尊敬の気持ちをもって仕事に取り組めるか?

この3つの点において自分が確実に仕事ができると判断できるようになる必要があります。なぜなら、それだけ信頼できる状態でないとなかなか在宅ワークが成立しないからです。

そのためには、エージェントさんにだって気を使って、全面的に協力してもらう必要性があるわけなんですね。そのためにはエージェントさんからも信頼を獲得しておく必要があることを覚えておきましょう!

同時にクラウドソーシングサービスを利用しよう

様々な雇用形態がある中で、「クラウドソーシングサービス」というものが生まれましたよね。

中でも有名なサイトが「クラウドワークス」です。

企業や個人にかかわらず、仕事の発注ができて、受注もできるプラットフォームです。

このサイトを使って小さな案件を獲得することも同時に行っておきましょう。

クラウドソーシングサービスは、使い方によっては未経験のフリーランスエンジニアの強い味方になってくれます。なぜなら、未経験のフリーランスエンジニアは開発実績がないからです。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを利用して軽い案件から獲得していくことで実績を作り出すことが可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フリーランスエンジニアになるための侍式独立5ステップをご紹介しました。

今回ご紹介した5つのステップを実践し、約1ヶ月でアプリ開発から仕事獲得までされた方もいらっしゃいます。

是非あなたも挑戦し、フリーランスエンジニアを目指してみてください。

無料学習相談をする

運営者情報